Web教材一覧法規・基準

情報システム・モデル取引・契約書(経済産業省)正誤問題


  1. 経済産業省『情報システム・モデル取引・契約書』には「第一版」と「追補版」がある。第一版は、発注者がベンダと対等な交渉力をもつ大企業であり、情報システムが大規模でウォーターフォールモデルにより開発されることを想定したものであり、追補版は、発注者がITの専門知識を有しない中小企業で、情報システムがパッケージ、SaaS/ASPなど、既存の市販システムを活用して構築されることを想定している。
  2. 経済産業省『情報システム・モデル取引・契約書(第一版)』では、契約を、企画・要件定義段階、開発段階、運用段階、保守段階のプロセスに区分して多段階契約にすることを推奨している。
  3. 経済産業省『情報システム・モデル取引・契約書(第一版)』では、ベンダが下請などに再委託する場合は、必ずユーザの事前承諾を得るべきだとしている。。
    × 承諾が必要な場合と不要な場合があるとしている。
  4. 経済産業省『情報システム・モデル取引・契約書(第一版)』では、情報システムの品質に起因する損害の賠償責任の範囲や限度額について、具体的な数値基準を示している。
    × 基準などは示していない
  5. 経済産業省『情報システム・モデル取引・契約書(第一版)』では、代金支払時に著作財産権をベンダからユーザに渡すことを原則にしている。
    × 多様なケースがあるとして各案を示している
  6. 経済産業省『情報システム・モデル取引・契約書(第一版)』では、第三者ソフトウェアに関わる瑕疵について、知識が豊富なベンダが責任をもつべきだとしている。
    × 多様なケースがあるとして各案を示している
  7. 経済産業省『情報システム・モデル取引・契約書(追補版)』では、上流工程においては、ベンダにはコンサルティング能力をもつことが必要であり、ユーザには外部専門家やコンサルタントの参画が必要であるとしている。
  8. 経済産業省『情報システム・モデル取引・契約書(追補版)』では、ユーザがITの専門知識をもたないことから、ベンダが、契約全般に関しる重要事項説明書を作成して提示する必要があるとしている。